乳クリ発!A看板の記念すべき第1号が本日完成しました(パチパチ)


徒歩自転車でのお越しの受診者さんが、歩道をまっすぐやって来ると、建物壁面のクリニックロゴ(看板)が見えにくく、行き過ごしてしまった(涙)ということがあり・・・どうにかならないかなぁとみんなで知恵をしぼった結果、この形になりました



せっかくなので、当クリニックのインフォメーションだけでなく、乳がんに関するトピックスもこの看板から発信できたらなぁ・・・と構想を膨らませていたところ、タイムリーに朗報が飛び込んできました。


A看板にも書かせていただきましたが、9/13(金)のYAHOO!ニュース

乳がん死亡率、初の減少 2012年、検診など効果か

という嬉しい記事が掲載されました


乳がんは、早期発見切な治で死亡率を減らすことの出来る病気なのに、死亡率は常に右肩上がりで上昇し続けていましたそれが、なんとなんと、厚生労働省調べで、2012年に初めて減少に転じたことを報じた記事でした。さらに、マンモグラフィー(乳房X線撮影)検診の普及や、新しい抗がん剤の登場などの効果」とみている。と書き添えていただけるなんて、乳がんの検診・治療に携わる者としては、大変なよろこびーーーーです


2000年から国の検診指針にマンモグラフィ検診導入して、13年・・・乳がん検診受診率は、まだまだ30%台と低いですが(目標50%なので)、さらに乳がん検診・早期発見切な治啓発することの必要性を実感しました頑張りまーす

Related Entry
Comment